Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

認知度・販路拡大の強力な武器としてなくてはならない存在

USER VOICEユーザーボイス

認知度・販路拡大の強力な武器としてなくてはならない存在
代表取締役社長 宮本 純様

株式会社じゅんちゃんファーム 代表取締役社長 宮本 純様

《制作物》
コーポレートサイト
https://www.junchanfarm.com/
 
サイトデザイン

2019年に異業種から農園を引き継がれた宮本さま。
小松菜の出荷額の安さに衝撃を受け、付加価値を付けて生産する必要性を感じ、浜松ブランドの小松菜作りに取り組まれました。そして、音楽の街浜松にぴったりだと行き着いた栽培方法が、音響栽培。浜松の楽器メーカーのスピーカーを使用し、モーツァルトの楽曲を聴かせて育てた浜松ブランドの小松菜『コマツ〜ナ』が生まれました。

浜松ブランドの小松菜「コマツ〜ナ」

2021年になってからは、浜松商工会議所の『やらまいかブランド』や、浜松パワーフード学会の『浜松パワーフード』に認定されるなど、さらに認知度が上がり、販路拡大を続けています。また、同じく音響栽培の姉妹ブランド米『踊ら米か』など新しい商品開発にも意欲的にチャレンジを続けています。

音響栽培のブランド米『踊ら米か』

ホームページは、ブランド開発と並行して行われ、2020年に新規開設。
地元のブランドを取り入れた試みや、データに基づく栄養価の高さ、社長自らが小松菜のかぶりものを身につけてのユニークな広報活動などにより、徐々に認知度が高まり、テレビなどの取材も多く受けられています。さまざまな宣伝効果に対して、「ホームページは強力な武器になっている」と絶大な効果を感じていらっしゃる様子。アクセス数の伸び、認知度アップや販路拡大、さらにはリクルートにも繋っているホームページを最大限に生かすための試みと、相乗効果についてお話しいただきました。

小松菜畑

ホームページを開設しようと考えた際、
当社を選ばれた理由は?

キャラクターやロゴをデザインしてくれたデザイナーさんからの推薦です。
東京で仕事をしていた方なので、東京を中心に制作会社を調べてくださいました。そんな中で、MPさんを見つけ、「浜松にこんなにすごいホームページ制作会社があるなんて!」と、衝撃を受けたそうです。イチ押しでした。地元にこんなすばらしい会社がある、ここがいいですと猛プッシュがあったので、一も二もなく決めました。

採れたての小松菜

ホームページはどういった位置付けとして
考えていたのでしょうか?

販路開拓のための強力な武器だと位置付けていますし、実際に絶大な効果をもたらしてくれています。良い物は日本中にたくさんあり、PRできる農家さんも増えてきているという競争の中、知ってもらって購買・販路拡大に繋るためには、パンチのある商品を企画することと、PRすることが重要だと感じていました。そのための武器として、ホームページは絶対に必要な譲れないアイテムでした。きちんとしたホームページがなければ、今の世の中、信用を得ることはできません。事業をする上では、店舗と同等の、なくてはならないアイテムであることは間違いないです。

ビニールハウス栽培

どのような効果を実感していますか?

ホームページ単体での効果としては、アクセス数が伸び続けていること、比例して問い合わせが増えて販路が拡大していることです。ただこの効果も、積極的な売り込みやさまざまな広報活動との相乗効果だと確信しています。ホームページという強力な武器があってこそ生まれるものであり、ホームページを最大限に生かすためにしてきたことが、結果に繋っていると思います。そのための大前提として、デザイン的にも機能的にも良い、きちんと運用されていいなくては意味がありませんが。せっかく作っても腐らせてしまっているホームページはたくさんあります。

代表取締役社長 宮本 純様

今後の目標やチャレンジしていきたいことは?

ホームページをもっと生かすこと!そのために、新しい姉妹ブランド米『踊ら米か』も今秋に収穫・販売予定ですし、さまざまな新しい音響栽培商品の企画だけでなく、エンターテインメント性のある音響栽培農園というテーマにもチャレンジしています。出世城のお膝元である浜松にあやかって、天下一の音響栽培カンパニーを掲げながら、〝日本一〟を目指していきたいと思います。

担当コメント:大橋

初めての打ち合わせは当社の事務所でした。宮本様は、異業種から農業に移られてまだ年月がそれほどたっていない時期でした。しかし、従来の農業に無い新しい企画・構想が宮本様から次から次にポンポンと出てきて、衝撃を受けたことを覚えています。

実際に農業の現場を拝見し、広い温室内のすみずみまで音楽が届くように配置されたスピーカーや、音響設備を構築した施設にその本気度を感じました。その後も、コマツーナちゃんのキャラクターや被り物の制作、さらにはその被り物を使っての各所へのPRなど、その後の精力的な行動力は目をみはる物がありました。

現在では、宮本社長自らの発信力もあり各所に注目してもらえている中、HPもその相乗効果を担えたと自負しております。姉妹ブランドのお米『踊ら米か』も発売され、地元大手スーパーのお弁当に採用されたりと次から次へと、宮本様が開設前に語っていた『夢』を実現されています。
これからも一緒に新しい企画を実現させるお手伝いをさせていただきたいと思います。